Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/redsocks/xn--ockl7gh3i3b.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 418

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/redsocks/xn--ockl7gh3i3b.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

新品でクラブを購入する場合と違って、中古でクラブを買う場合は、購入コストを抑える様々な工夫をすることができます
ここでは、これだけ抑えておけば大丈夫といえる3つのポイントを説明していますので、
是非購入前の参考にしてみてください。

 

ポイント1.
新品相場の60%が購入ライン

車や洋服と同様に、中古クラブの価格決定のメカニズムは需要と供給により決定します。
つまり、クラブの人気に左右されます

人気のあるクラブは、中古だからといってもなかなか値崩れしません
その理由は、買取価格も同様に値崩れを起こしづらいからです

だからこそ、人気クラブであれば、60%という数値を基準にそれを下回れば購入の意思決定をしても、
そこから数パーセントの値下がりで買取もしてもらえるということになります

 

ポイント2.
不人気クラブは買わない

上でも説明しているように中古クラブの価格は需要と供給、つまり人気により決定されます。
それは、買取価格も同様で、人気クラブで在庫の回転率が速い商品ほど高価買取をしてもらえます

不人気クラブだと、在庫の回転率が遅いので、どうしても利幅を大きく設定しなければならないため、
買取金額を低く抑えざるを得ません。

そのため、もしクラブの使い勝手が悪く、買い替えを考える場合、コストが高くついてしまい可能性があります。

そのため、あえて人気クラブを選ばないという選択をしないように注意しましょう

 

ポイント3.
状態が悪いクラブは買わない

状態が悪いとはどういうことかというと、①シャフトとヘッドのつなぎ目部分に傷があったり
②クラブのフェーズ面に傷がついているというような状態のことで、
クラブ本来の性能を発揮できないようなダメージを受けている状態を指します

ひとまず、この2点を軸に商品の状態の判断をしてもらえれば、
大きな間違いをすることなくクラブを購入することができると思うので、参考にしてみてください。

 

また、クラブの買い替えの場合、今使っているクラブを下取りしてもらい、買い替えの初期費用を少しでも多く捻出する方法はこちらを参考にしてください。

 

おすすめの中古クラブショップはこちら

ゴルフダイジェストオンライン(GDO)

ゴルフ雑誌の発行から、ゴルフ場予約支援サービスまで提供する総合ゴルフ事業会社「ゴルフダイジェストオンライン(GDO)」の運営するゴルフショップです。
新品から中古まで幅広い品ぞろえが特徴で、定期的に様々なお得なキャンペーンを実施しています

gdo

 

 

ゴルフパートナー(GOLF Partner)

買取保証制度や学生向け全額返金保証制度、オンライン買取、クラブの在庫検索など中古クラブショップに求められる様々なサービスが充実しているゴルフショップです。
中古クラブの品揃えの多さは、中古ショップの中では随一です

 img01