Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/redsocks/xn--ockl7gh3i3b.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 418

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/redsocks/xn--ockl7gh3i3b.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

ドライバーの目的

ドライバーについてのよくある勘違いとは?

ドライバーを使用することの目的は何ですか?」という質問をすると、多くの人が「より遠くへ飛ばすこと」と答えるでしょう。

この「より遠くへ飛ばす」という目的が、大きな勘違いになっているのです

このような勘違いをしてしまっている人は、まずは、ドライバーを使用することの正しい目的を理解するようにして下さい。

 

ドライバーの正しい目的

ドライバーを使用することの目的は、より遠くへ飛ばそうとするのではなく、

 

「次のショットでグリーンを狙いやすい位置にボールを運ぶ」

 

ことです。

 

ドライバーの目的を間違えてしまった例

例えば、350ヤード・パー4のコースをイメージしてみてください。

そこで2人のプレイヤーがそれぞれドライバーでティーショットを打ったとします。

1人は、280ヤード飛ばしましたが、傾斜のあるラフにボールを落としてしまいました。もう1人は、220ヤードしか飛ばせませんでしたが、しっかりフェアウェイにボールを落としました。

 

傾斜のあるラフから残り70ヤードのアプローチをするのと、フェアウェイから残り130ヤードのアプローチをするのは、いったいどちらがピン近くにボールを運びやすいでしょうか?

 

距離だけでみると70ヤードの方が簡単にアプローチできそうですが、ラフからのショットだとボールにスピンをかけることができないため、グリーン上でボールを止めることが難しくなります。

そのため、130ヤードの距離があっても、ピンそばに寄せるという観点からみれば、フェアウェイからの残り130ヤードのショットの方が、グリーンに乗せやすいといえます

 

より遠くへ飛ばす」といことが目的であれば、たとえ、次のショットでグリーンを狙いにくい位置であったとしても、280ヤード飛ばしたショットの方に軍配があがるでしょう。

しかし、

次のショットでグリーンを狙いやすい位置にボールを運ぶ」ということを目的とすれば、220ヤードしか飛ばせなかったショットの方に軍配があがります。

 

そして、「次のショットでグリーンを狙いやすい位置にボールを運ぶ」という目的で、ドライバーを使用することによって、スコアメイクにつながり、また、遠くへ飛ばそうとする力みから生まれるミスショットも格段に減っていくでしょう。

要は、これくらい飛ばせば十分なんだという距離を自分で把握して、リラックスしたスイングを心がけていくことが重要です

 

「体重移動で腰を回せ!」は間違い!

私が、ゴルフを始めてすぐの頃、もっとも苦戦したのは、このドライバーショットでした。

レッスンにも通い、打ちっ放しにも何度も通い練習を繰り返しましたが、まともにボール当たるようにすらならず、結局ラウンドに出ても、アイアンしか使わないといったような状況が続いていました。

このとき、いろんな人から「しっかり腰を回して打つように」というようなアドバイスを良くもらっていました。

これが大きな間違いでした。腰を回すことによって、身体も一緒に回ってしまい、アドレスと同じ位置にクラブを戻すことができなくっていました。

ドライバーでしっかりボールを運べるようになりたいという思いで、ゴルフのレッスン動画やプロのスイングの動き、そしてドライバーコンテストの動画まで、あらゆる動画を見てスイングの動きを研究しました。

特に参考になったのは、以下の2つの動画です。

▽ローリー・マキロイ

▽安楽拓也

この2人のスイングに共通していることは何でしょうか?

 

それは、左足の踏み込みフィニッシュの美しさです。

 

つまり、腰は意識的に回そうとするものではありません。左足の踏み込みと、フィニッシュまでの惰性によって、結果的に腰が回っている、ということです。

これが分かってから、ドライバーやフェアウェイウッドを使うことが楽しみになり、ラウンドでもしっかり使っていけるようになりました。

 

ドライバー上達の為のおすすめ動画・おすすめレッスン

ドライバー上達のためのレッスン動画はこちらを参考にしてください。全て無料で見ることができます。

>ドラコンチャンピオン安楽拓也のドライバー上達動画

 

より、深く安楽拓也プロのスイングを習得したい場合は、こちらを参考にしてください。

>パーフェクトスイング理論のレビュー