Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/redsocks/xn--ockl7gh3i3b.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 418

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/redsocks/xn--ockl7gh3i3b.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

「わざわざゴルフ保険って加入する必要があるのかな?」

「ゴルフ保険って最近聞くようになったけどどんな保証をしてくれるのかな?」

この記事では、このような疑問にお答えしています。

 

この記事の監修者
NANA

大手ゼネコンにて東南アジア地域のインフラ整備事業を経験後、フリーのライターとして独立。ゴルフコンペの幹事歴は10年以上で、ビジネスマンのゴルフ事情に詳しい。ゴルフのベストスコアは82。

 

なぜゴルフ保険に加入する必要があるのか?

ゴルフで保険を必要とするケースには以下の4つの場合があります。

ゴルフ保険が必要なケース①
「損害賠償請求補償」

あなたが打ったゴルフボールが
他のプレイヤーにあたって怪我をさせて
しまい、損害賠償を請求された。

ゴルフ保険が必要なケース②
「ゴルファー傷害補償」

練習中やラウンド中に、
あなた自身が怪我をしてしまった。

ゴルフ保険が必要なケース③
「ホールインワン補償」

ホールインワン・アルバトロスを
達成し、記念品を贈呈した。

ゴルフ保険が必要なケース④
「ゴルフ用品補償」

ゴルフ場や練習場で、ゴルフクラブを
破損させてしまった。
あなたのゴルフクラブが盗難にあった。

 

 

特に、①損害賠償責任補償と
②ゴルファー傷害補償の2つのケースに
ついては、事故がおきてしまってからでは、
莫大な金銭的負担が伴う可能性があります

安心してゴルフを長く楽しんでいく
ためには、ゴルフ保険への加入は、
必要不可欠になってきているといえます

年間の保険料についても、3,000円から
加入できるので、ある程度ゴルフに
慣れてきたら加入することを
おすすめします。

 

日本における変な習慣|ホールインワンを出した人が周りの人へ振る舞う

今では、少しずつ減ってきていますが、
日本には、ホールインワンを出した人が
周りのプレイヤーに振る舞うという
変な習慣があります

a31cc15755664257e2805784899ad93948aaf685_xlarge

具体的にどのような振る舞いをするか
というと、

  • 祝賀会
  • 同伴キャディなどへの祝儀
  • ゴルフコースへの記念植樹
  • 記念品贈呈

などがあげられます。
これが、コンペなどの規模になると、
100万円クラスの出費となってしまいます。

もちろん、金銭的に振る舞うことができない
方がほとんどだと思うので、
慣習的には減少していますが、
まだ振る舞いを慣習としているゴルファーが
多いのも事実です。

そのような場合に、
大手を振ってみんなに振る舞いができるよう、
ゴルフ保険の中には、ホールインワン保険
という補償が入っており、
振る舞いにかかる費用を補償してもらう
ことができます

もちろん、その保険で下りた金額を
自分のご褒美にするのもよし、
みんなに振る舞うのをよしです。

ホールインワンをとってしまって、
振る舞いをおびえるのではなく、
心の底からホールインワンの喜びを
噛みしめられるようになることも、
ゴルフ保険を加入することのメリットの
ひとつです

 

盗難に注意!小倉アナウンサーゴルフクラブ盗難事件

2005年の4月12日のことです。
「特ダネ」でお馴染みの小倉さんは愛車と
一緒に、車に積んでいたゴルフクラブも
盗難にあいました。

この時、小倉さんがテレビを通して、
犯人にいった言葉はゴルフ好きの間では、
有名です。

「800万円で購入した車はあげる。しかし、
車に積んでいたゴルフクラブだけは、こっそり
返しに来てください。」

この小倉さんの発言からも、
ゴルファーにとってゴルフクラブがどれだけ
大切なものか分かるでしょう。

実際に、ゴルフ場や練習場では、意外に
ゴルフクラブを無防備においています。
実際に盗む意思のある人であれば、
簡単に盗めてしまうのではないかと思います。

そんな車よりも何よりも大切な
あなたのゴルフ道具たちに盗難補償を
つけておけば、愛着のある道具を
失ってしまった悲しみも和らげてくれるはずです。

 

おすすめのゴルフ保険はこちら

三井住友海上のゴルフ保険

2016y08m22d_181620607

三井住友海上のゴルフ保険は、1番初めに
挙げた4つのケースすべてに対応した
保険になっています。

また、年間保険料についても3,000円からで、
気軽に加入できる価格帯となっています

▽ゴルフ保険コース一覧(単位:円)

ゴルファー保険プラン名スタンダードプランプレミアムプラン
コース名AコースBコースCコースAコースBコースCコース
支払限度
/保険金
賠償責任補償5,000万1億1.2億1.5億1.5億2億
ゴルファー傷害補償320万280万280万390万400万450万
ゴルフ用品補償10万27万29万34万36万33万
ホールインワン・
アルバトロス費用補償
10万20万40万50万70万100万
年間保険料3,0006,0009,00011,00014,00018,000

プランの選び方

上記のゴルフ保険コース一覧を見ていただくと、
コースは6種類もあり、どれに加入すれば
いいのか、判断できないこともあると思います。

そんな時は、
ゴルフ用品補償の行を参考にしてください。

をクリックすると全ての列が表示されます。)

コース名AコースBコースCコースAコースBコースCコース
支払限度額
/保険金額
ゴルフ用品補償10万円27万円29万円34万円36万円33万円
年間保険料3,000円6,000円9,000円11,000円14,000円18,000円

自分の使っている道具は合計でこれくらいの
金額だと分かれば、それに近い金額を提示して
いるコースに加入するのがもっとも良い選択
になると思います

 

>加入申し込みはこちらからどうぞ

>保険の詳細はこちらからどうぞ