Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/redsocks/xn--ockl7gh3i3b.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 418

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/redsocks/xn--ockl7gh3i3b.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

「Perfect Swing Theory 2」の評価

星評価シート(飛距離)

総合評価シート(飛距離)

 

安楽拓也とは?

ゴルフパートナー所属のドラコン日本アマチュアチャンピオン公式最長記録411ヤード。美しいスイングフォームから繰り出される圧倒的な飛距離を武器に、国内すべてのドラコンにおいて、ポイントランキングで1位を獲得した飛ばし界のカリスマ的存在。
飛ばしレッスンの評判も高く、安楽拓也が主宰するゴルフ塾「楽飛塾」の門をたたく生徒は後を絶たない。

 

「Perfect Swing Theory 2」の飛ばしの秘訣

「Perfect Swing Theory 2」で紹介されている飛ばしの最大の秘訣は、「1・2・3のリズム」です。
「1・2・3」のリズムでスイングをするといっても、「1・2」のリズムで、身体にためを作り、そこから「3!」で腕を振り下ろすということではありません。
弓を例に考えてみます。まず、「1」で弓に矢を装填した状態で構えを作ります。
そして、「2」の段階で、矢を最大限引き、「ため」をつくります。
そして、「3」でその「ため」を開放し、解き放ちます。

弓の動き

ゴルフのスイングも同様です。
「1・2」のリズムで体のねぢれを利用し、「ため」を作ります
そして、「3」で腕を振り下ろすのではなく、「ため」を自然に開放するようにします

スイングの動き

こうすることで、最大限効率よく、力をボールに伝達することが出来ます。
このような「リズムによるスイングをどうやって作り上げていくのか」、その方法論を「Perfect Swing Theory 2」で紹介しています。

Perfect Swing Theory 2の内容紹介

アドレスとスイングの考え方
ヘッドスピードとボディスピード
ヘッドスピードの上げ方
1、2、3のリズム
スタンスの限界幅
右肩が突っ込む癖の矯正
輪ゴム矯正法
懐中電灯矯正法
ヘッドスピードを上げる方法
ミート率を補う方法
テンポと飛距離
アドレスの重要性
1、2、3リズムの発展形
アドレスの作り方
「矢印」アドレス「ト」アドレス
ヘッドスピードとテークバックスピード
スイングスピードの限界値
懐中電灯のを使ったスイング矯正
家でできる練習方法
重心を下げることと飛距離の関係性
グリップを握る強さと飛距離の関係性
安楽流アイアンのコントロール法
素振り練習
調子の悪いときの見分け方
一般ゴルファーの陥りやすいポイント
アドレスとスイングの矯正ポイント
個別レッスンによる練習

 

Perfect Swing Theory 2の購入者特典

①安楽拓也選手による23名分の個別レッスン動画

2016y07m18d_154711862

②返金保証

理由を問わず、90日間の返金保証が付いてきます。金銭的リスクをゼロにしてくれる特典ですので、是非実際にレッスンを受けてみてから、本当に購入するかどうかの判断をしてください。

2016y07m18d_154651937

 

 

>>スイング理論“Perfect Swing Theory 2”のより詳細な情報はこちらからどうぞ

Perfect-Swing-Theory-2バナー-600
>>お申し込みはこちらから

 

Perfect Swing Theory 2をさらに深く理解するために

Perfect Swing Theory 2をさらに深く理解するためには、前作の「Perfect Swing Theory」を理解してから始めてもらうとより効果的です。

2016y07m18d_165347458

>>前作「Perfect Swing Theory」についての情報はこちらからどうぞ